インフォメーション

面談.jpg

雇用安定助成金制度についてご存知でしょうか。

障害者の雇用を継続するための制度等は多々ありますが、

企業が個別契約をし、有料で委託することに対し、助成金活用が可能な制度が

障害者雇用安定助成金になります。

 

Bridgeは、9月より上記助成金活用による定期訪問面談の契約を一社締結いたしました。

(障害者職場定着支援コース 措置4 業務委託契約)

ジョブコーチ支援による集中的な支援の必要性は感じていないが、採用から時間が経過していく中、ご本人の不安や心配、働くための社会人としてのスキルアップのために、毎月訪問面談、必要に応じて電話での相談等に対応する契約となります。

詳細は、以下の情報をご覧いただき、助成金活用の手順、要件等は助成金センターへお問い合わせください。

助成金を活用した「障害者社員が働き続けるための安定の一歩」をご検討されてはどうでしょうか。

pdf 障害者雇用安定助成金 職場定着支援コース.pdf (0.7MB)

 

FD9315D0-B43C-46FE-ADA2-73F70DBD2B2B.jpeg

JCーNET ジョブコーチ養成研修では

タイからの受講生も来日、とても熱心に受講されています。

9月7日の懇親会での一枚です。

真ん中は、タイグループ専属トレーナーの稲葉さん、

國崎も同じフロアのトレーナーとして参加しました。

(9月6日〜9日  大妻女子大学 多摩キャンパスにて)

ขอบคุณสำหรับการประชุม

セミナー風景 2 .jpg

Bridgeでは「働き続けるための在職者セミナー」や「就業準備のための研修」を受託実施しております。

 

8月度の実施は以下の通りです。 

*8月23日(金) 企業出前セミナー 

 職場における発達障害への理解と配慮

(管理者向けセミナー 企業依頼 有料セミナー)

  

*9月より、企業依頼 有料出前セミナー 下期契約(6カ月)受託が決定しました。

 管理者(指導者向け)/ 就業社員向け ビジネスマナー・目標設定 計 9回 

*9月5日~8日 NPO法人JC-NET 職場適応援助者養成研修に

 Bridge 代表理事が 講師・トレーナーで参加致します。

レポート②.jpg

Bridgeの主たる事業はジョブコーチ支援(訪問型職場適応援助)です。

国の制度活用で、企業・障害者ともに無料で利用できる制度です。

詳しくは

pdf ジョブコーチ支援を活用しましょう。.pdf (1.02MB)

 

8月度の実績は以下の通りです。

 

ジョブコーチ① 稼働日数15日 訪問企業数 のべ19社

ジョブコーチ② 同上  13日 同上        15社

ジョブコーチ③ 同上  14日 同上        16社

2.jpg

9月になりました。皆さんの秋は何色でしょう。

 

9月は障害者雇用支援月間です。

各地でハローワーク主催の合同面接会も開催され、就職の機会が増える時期です。

採用すること以上に、継続するための障害理解と合理的配慮の実施は具体的事例が参考になります。

高齢・障害・求職者雇用支援機構のホームページの

障害者雇用事例リファレンスサービスに19事例 追加されています。

事業所規模も中小企業の取り組みが増えてきています。

一人ひとり違う障害者への配慮に対し、ジョブコーチ支援(訪問型職場適応援助)は有効な手立てとも考えます。

ジョブコーチ支援へのご相談は、お問い合わせよりお願いします。

1
トップへ戻る